連載(あれこれWATCH)

情報の面白さを、ちょっと視点を変えて眺めてみると今までと違った側面が見えてきて、時にはビジネスにも役立つ発想がわいてきたりするものです。

フェイクニュースにご用心! 〜膨大な情報が氾濫するSNS時代が生んだ罠〜

国内だけで年間にDVD2.9億枚に相当する情報が流れている もしアメリカに流行語大賞があれば、今年の大賞候補は「フェイクニュース」ではないでしょうか。...

あっちこっちに「敬語風表現」が 〜「バイト敬語」から「させていただく」まで〜

接客業に広がる「お名前様」と「よろしかったでしょうか」 買い物に行ったとき、店員に「お名前様を頂戴してよろしいでしょうか?」と言われ、なんとも奇妙な表...

あなたも、ちょっと「内向い」てる? 〜日本は、やや「パラダイス鎖国」化しているのか〜

海外留学は中国、インドが急増、日本は10年で数万人の減少 ここ数年、日本人は「内向き志向」だと言われています。その指摘の大きな理由は、海外へ留学する若...

現代人は、なぜイライラし、キレる? 〜小さな不愉快に我慢できず、すぐ爆発する傾向あり〜

平成27年の暴行犯2万5,485人、過去10年で1万人以上も増加 ささいなことでイライラする、ちょっと不愉快なことがあるとすぐキレる。電車が遅れると駅...

季節を告げる動物が消えていく 〜都会に生きるのはヒト、ペット、カラス、ハトばかり〜

四季を彩る植物や動物が日本人の感性をはぐくんできた ウグイスは早春に「ホーホケキョ」と鳴いて春の訪れを知らせることから、別名を「春告鳥」といいます。メ...

世界を覆いつつある肥満の波 〜太めに誇りを持つのは大切だが、健康面では不安も〜

アメリカでは成人女性の40%が肥満、約30%が過体重とも アメリカの有力新聞「ワシントンポスト」が2月8日、タレントの渡辺直美さんを賞賛する記事を掲載...

情報「過剰」社会の生き方 〜溢れる情報に踊らされず、自分の判断基準をもつ〜

2020年には40ゼタバイトのデジタルデータが世界を駆ける インターネットや携帯電話が普及しだした頃、情報化社会という言葉がさかんに言われましたが、あ...

小さな食事の差で、大きな影響が出る 〜食事バランスの違いで死亡リスクの差が最大18%〜

脳疾患では、主菜のバランスの良し悪しで最大28%もの差が  食事のバランスが大事なことは、誰もが分かっています。しかし、食生活のバランスの善し悪しで、...