連載(ニッポン再発見)

[第23回/島根県]「ご縁の国しまね」移住・定住希望地で注目

出雲大社に代表される「ご縁の国しまね」。日本で2番目に人口の少ない県は、積極的な移住・定住支援策を進めながら、各市町村も独自の住みやすさをPRし、未来...

[第22回/福井県]福井県の幸福度は教育と仕事と家族と自然

「県民幸福度」が日本一の福井県。仕事、教育面の充実と家族構成、美しい景色と美味しい食べ物、そして人のよさが加わる。よく働き、よく学び、共に暮らす、自然...

[第21回/和歌山県]世界遺産の文化と自然三つ星の誘いへ行く

「木の国」は緑を育み、「水の国」は水を湛え、滝を落ち、清流となって川を下り、海に注ぐ豊かな生態系を保つ。世界遺産の霊場の佇まいと文化が息づく「紀伊国」...

[第20回/千葉県]東京への通勤圏と 豊かな自然と気候の房総

東京への通勤圏内で人気のある県北西部は、住宅も増え人口も増加中。一方、豊かな自然と温暖な気候、海、川、丘陵、台地、平野と変化に富む房総は、多くの恵みを...

[第19回/神奈川県]センスの良さが光る首都サイド県の魅力

首都・東京とは違う価値観とセンスが光る県民性の神奈川県は、日本で2番目に人口が多い県。海も山も、都市も古都も、異文化も奥座敷もと、人を惹きつける多様な...

[第18回/富山県]端正な魅力に満ちた 地方の潜在力、富山

山と海が絶妙な地形で端正に成り立ち、自然の恵みに満ちた北陸・富山県は、北アルプス立山連峰の雪を徐々に溶かしながら、本格的な春への息吹で多くの人を一層惹...

[第17回/青森県]青森は美しく優しい春が良く似合う

日本列島、本州最北端の青森県は太平洋、日本海、津軽海峡と三方を海に囲まれ、向き合う大地は北海道。長い冬が明ければ、格別の「東北の春」を演出し、人々を和...

[第16回/茨城県]魅力度とのギャップ 気にしないおおらかさ

新横綱誕生で湧く茨城県。山は筑波山、湖沼は霞ケ浦と自然豊かで春の花々の名所も多い。首都圏に近く、アカデミックな研究機関の環境と企業誘致でも日本一の実績...