あの大先輩にもやんちゃな時代がありました【60代社員アンケート】タキゲンニュースから読み解くタキゲンの歴史

TakigenHistory03-53

60代社員15名に聞きました!
1970年代入社からの記憶をたどるタキゲンヒストリー

Q1.就職活動中や入社時のタキゲンのイメージは?

■すでに業界で独占に近い占有率を誇っていた。
■商品が多く、商品番号と商品イメージを一致させるのが大変だった。
■社員100人程度の小さい会社。大阪支店にはパートさんがたくさんいて、社員より知識があった。
■東京店が薄暗い感じがして少々不安に感じた。
■ゆったりした会社
■ガラッパチ集団

Q2.先代 瀧源秀昭社長との印象深いエピソードは?

TakigenHistory03-65■雪が降る3月初旬、東京五反田の本社へ訪問。2階に案内され衝立で仕切った社長室に通されました。51歳の秀昭社長が入室され、入社前の私に「ヨー来たか」と笑顔でおっしゃられ、いきなり窓を全開されました。非常に緊張しており、話された内容はあまり覚えてはおりませんが、お昼時でもあり、カツ丼屋を紹介されました。今では懐かしい思い出です。

■入社したてにも関わらず名前を憶えていただき、直接話を聞いてもらえた。全社員の顔と名前を頭に入れておられたようです。

■来寮時にお風呂で背中を流しました。「同じ屋根の下で、同じ釜の飯を食い、裸で風呂に入る」人間関係づくりの実践。

■気さくに声をかけてくれ、思いやりのある人物でした。

■街中で秀昭社長にばったり会い、一緒に飲むことになりましたが、なんと社長自ら走り回り店を見つけてくれました。そして、食べきらないくらい沢山注文してくれ、「食いもんは残しちゃいけねぇよ。」と言われました。しかし、もう腹いっぱいですと言ったところ、「バカヤロー! おめぇが一番若けぇんだから、全部食え」と怒られました。全て平らげ、腹一杯で死にそうになりました。60年間生きてきて、あの日が一番食べた日かも知れません。

Q3.寮生活での思い出

■「門限に遅れ締め出された」など、門限破り、お酒にまつわる掲載できないお恥ずかしい話が多数。

TakigenHistory03-37

TakigenHistory03-38

大阪寮のようす。「近代的住込制度」と呼ばれていた。

Q4.過去を振り返り、大変だったことは?

■バブル期、集荷が多くて昼食も殆ど取れず、帰宅が23〜24時だった。

■東日本大震災で被災した際、全国から励ましの声と、たくさんのご支援をいただきました。被災の翌週には、本社から支援物資を満載した展示トラックが到着。道路状況が劣悪な中、大変苦労されたと思います。今でも感謝しております。

Q5.今でも印象に残っていることは?

■家族もタキゲン社員の一員として同伴していたこともあり、家族サービスができました。

■先代社長に立派な楽器類を購入していただき、社内バンド活動ができたこと

TakigenHistory03-39

TakigenHistory03-40

バンコクや宮崎シーガイヤへの社員旅行がありました。

Q6.一番忙しかったのはいつ?

■いくらでも売れ、仕事量が多かった。バブリーな時代!
■2年で車の走行距離が10万kmを超えた。
■社内の業務をコンピュータ化するにあたりプロジェクトに参加し、社内システムを構築した。
■特装車、情報通信などプロジェクトチームの立ち上げと短期での設計。
■新潟支店の開店準備にたずさわった。

Q7.ほろ苦い思い出

■大阪支店へ入社初日、近くに借りていた駐車場へ車を置いて来いと言われて、行きましたが駐車場を過ぎてしまい、一方通行だらけで戻れず。入社したばかりで、電話番号も住所も分からず、人に聞いても分からへんと言われて、2時間近くさ迷いました。上司に発見され、無事帰還。それからタキゲンカーに電話番号のメモを追加しました。

TakigenHistory03-55■仕事以外のことですが、浦和支店に転勤になった時、家族揃って車で支店の前を通りました。当時の浦和支店は農家の納屋を改造した程度であり、「ここが、これからお父さんが働くところだよ」と言ったところ、小学生の娘が「お父さんの会社潰れるの」と真顔で聞いてきました。倒産・建物の潰れのどちらの意味かは分かりませんが、新しい土地で生活することに関して、子供なりに不安があったのかなと感じました。

Q8.昔と比べてタキゲンが変わってしまったと思うところ

■電話以外何も無かった。
■全て手書きでした。受注、納品書、手配書、台帳…。
■良くも悪くも、昔のように豪快な人が居なくなりました。
■供給者との互恵関係

Q9.昔から変わらないところ

TakigenHistory03-68

■寮制度、朝礼のラジオ体操、昼食で同じ釜の飯を食べること。
■旅行などの社内交流。
■「ないものは創ればいい」という姿勢。
■面倒見の良さ、団結力、家族的な雰囲気、自由な仕事環境。

Q10.若い世代に喝!

■役職に関わらず、先輩を大いに活用すべし。
■ファブレスメーカーとして、供給者への感謝。
■できることを自分で見つける。
■芯のあるやつが少なくなった。もっとがむしゃらに働け!
■「即断実行」唱和だけでなく、行動を起こすことが大切です。
■営業はもっと大胆に思い切って。失敗した時は上司に謝ってもらう。それが上司の仕事と昔先輩に教えてもらいました。
■努力はしているので、周りの人たちに助けられながら成長してほしい。感謝を忘れずに。
■「継続は、力なり。」これからもタキゲンが繫栄するようにGo For It!
■何事もポジティブに捕らえ、仕事だけではなく自分の人生を大いに愉しんでください。


(掲載の内容は、一部抜粋したものです。たくさんのご回答、ご協力ありがとうございました。)

 ← 1978年〜1983年

1  2  3  4