19名の新たな仲間を迎えた創立109周年 記念式典 & 2019年度 入社式

sikiten201905-01

2019年4月6日(土)/タキゲンビル3階 大会議室

1910年の創業から今年で109年。記念式典と、新たに迎えた新入社員の入社式を執り行いました。

代表取締役 瀧源 愛子 挨拶

sikiten201905-02

タキゲンの令、タキゲンの和

新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。4月1日に、新元号が「令和」と発表されました。あなたたちは平成最後で、令和元年の新入社員です。

令和は日本最古の歌集『万葉集』からの出典で、日本古典に由来する元号は初めてとのことです。新しい元号をいただき、これからどういう時代になっていくのかと楽しみでもありますが、私はこれまで通り一日一日を大切に生きていくことで、自然と時が流れていくように感じます。

今年の桜は長く咲いております。私は、いつまでもお花見気分でいられて、今年もきっと良いことがあるのではないかという気持ちになりました。

充実した人生を送るため

sikiten201905-03さて、皆さんはタキゲンってどんな会社なのか、どんな先輩が仕事を教えてくれるのか、不安と希望でいっぱいのことでしょう。

タキゲンで働くうえで、私から一言だけ伝えたいことがあります。それは、「目標」を持つことです。入社した以上、漫然と過ごすのではなく、与えられた仕事はもちろん、自分に何ができるのかを常に考えて行動していきましょう。

では、なぜ「目標」を持つのか。それは、何も考えずに過ごしていると、不満だらけの人生になるからです。目の前に壁があっても、前進するためのステップだと思えば、それを乗り越える力がみなぎり、充実した人生が送れるのではないでしょうか。

目標を持って働くため、初めにするべきことがあります。まずタキゲンを好きになってください。タキゲンは個性を伸ばす会社です。自分が何を学び、どんな自分を表現していきたいかを考えてください。

私はタキゲンが大好きです。ここで働き、皆さんと出会えて運が良かったと思っています。社員に何を求めて何を伝えられるかと考えたときに、社員のために役に立つことを行っていきたいという気持ちです。

社員や協力工場様のお力添えをいただきながら「タキゲン丸」という大きな船の舵を取ることは重大な責務ですが、楽しく明るく、船員すべてのやる気を起こさせることが私の務めではないかと思っています。

タキゲンのトップであり、社長だからといって遠慮しないでください。何でも言ってください。ご飯を食べに行こうとなったら喜んで行きます。社会の役に立つこと、会社の利益に繋がることがあればやりましょう。皆の後押しをするのが、私の使命だと思っています。

新たな決意を胸に、皆とともに

結びになりますが、新入社員の皆さん、一週間の合宿研修ご苦労様でした。大変な研修を終えて、やるぞという新たな気持ちを持ってもらえたと思います。これから支店に戻っても、今の気持ちを忘れずに頑張ってください。

タキゲンには社歌があります。その歌詞には会社のノウハウがたくさん詰まっています。私は仲良く、何でも言い合える会社にしていきたいと思っています。これからは皆さんもその和に入り、ともに力を合せて頑張っていきましょう。

創立記念式典ご挨拶 並びに 新入社員への言葉
取締役 技術営業部長 田中 貢

sikiten201905-08

タキゲン社員として成長するため

新入社員の皆さん、合宿研修を終え心身ともに疲れがたまっているかと思いますが、研修を受けたことで学生から社会人として気持ちの切り替えができたのではないでしょうか。

これからはそれぞれの職場で仕事を始めるわけですが、私から3つのお願いがあります。

1つ目は、研修でも実施してきたと思いますが、明るく大きな声で「あいさつ」をすることです。人と良いコミュニケーションをとるにはやはり「あいさつ」が一番大事なことではないでしょうか。皆さんが明るく大きな声であいさつをすることで社内が明るくなり、先輩社員とも打ち解けやすくなり、自分自身も肩の力が抜けて、初めての職場での緊張感を和らげられるのではないかと思います。誰でもできることですから、ぜひお願いします。

2つ目は、分からないことは何でも先輩社員にすぐに聞くということです。

分からないことが多くあるのは当然なので「何でも素直に聞く」ということが大事です。これから先輩社員から様々なことを教えてもらいながら仕事を進めていくうえで、単語一つとっても分からないことが多々出てくると思います。そんなときには、すぐに先輩社員に聞き、分からないことをそのままにしないということです。

sikiten201905-09聞くことによって知識が得られるので、自分のレベルアップに繋がっていきます。一年後には皆さんも先輩になるわけですから、分からないことをそのままにしていると、必ず将来後悔することになります。タキゲンの先輩社員は皆さんから質問されたら必ず親切に答えてくれます。こんなこと質問していいのかなと、余計な遠慮はしないで、積極的に声にして聞くようにしてください。

3つ目は、指示されたことに対して前向きに取組んでください。

自分がやりたくないと思っている仕事であっても、やらなければならない仕事である限りは、「前向きに取組むこと」が必要です。

話を置き換えますと、食べ物でも自分の好きなものだけを食べていたら、体を壊してしまいます。好き嫌いせずに必要なものを食べることが大事であって、食べたいものだけを食べることを偏食と言います。

心の面においても、やりたいことだけをやる、自分の好きなことだけをする、人に命令されたことはやらない、というのでは成長はしません。それは、「心の偏食」と言えます。

食も心も偏食はプラスにならずよくありませんが、どちらも自らの気持ちの持ち方で解決できます。

私からのお願いは決して難しいことではありません。ぜひこの3つのことを頭に入れて、これから様々なことに取組んでいってください。

結びになりますが、研修で一人ひとりが決意発表をしました。自らが考えて発表したことです。私のお願い3つと同じく、自分で決めた決意は必ず実践してください。

皆さまのこれからの活躍を期待しております。

先輩社員より激励挨拶

sikiten201905-102017年度入社 社員代表
八王子支店 大久保

新入社員の皆さん、この度は入社おめでとうございます。

私は、今年で入社3年目を迎えます。2年前は私も皆さんと同じようにこの場に立っていたことを思い出します。

今、皆さんは研修を終え、社会人として第一歩を踏み出そうとしています。皆さんが乗り越えた厳しい研修は、タキゲン社員としての基礎となります。

研修で学んだことを忘れることなく、さらなる向上心を持って立派なタキゲン社員として活躍してください。

皆さんには、同期そして多くの先輩方がいます。日々の業務の中で分からないことや悩みごとがあれば遠慮なく尋ねてください。

ともに手を取り合って成長していきましょう。

若いパワーと誰にも負けない元気、そして互いに信頼し合える優しい気持ちを持ち続け、これからのタキゲンをより活気づけてください。

最後に、今後の皆さんのご活躍を期待し、私からの激励の挨拶とさせていただきます。

新入社員より決意表明

sikiten201905-112019年度 新入社員代表
名古屋支店 加久

本日は私たち、新入社員のために、このような盛大な式を開催していただき、誠にありがとうございます。

私たち新入社員一同は、入社式を前に研修を受けさせていただきました。全員が切磋琢磨し合い、汗と涙を流し、最後まで努力し続ける大切さを学んだこの研修。新入社員全員が充実感と自分の殻を破り、新しい自分と出会うことができました。

今後は研修を通して学んだ社会人としての規律と礼節、そしてタキゲン製造株式会社の一員としての自覚と責任を持ち、一日でも早く一人前のタキゲンマン・タキゲンレディになれるように、精一杯努力していく所存であります。

しかし、なにぶん人生経験に乏しい未熟者ばかりです。

大きな組織の中における各個人の具体的なあり方、役割については至らないところばかりです。

そのため、皆様のご指導ご助言を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。この入社式での新鮮な感激を決して風化させることなく、結実へ向けて日々精進していきたいと思います。

以上、新入社員を代表して、ご挨拶の言葉に代えさせていただきます。

表彰式

業績優秀者や優れた業務改善提案者に表彰が行われました。また、社是「人材の育成」にご理解いただき、社員の技術研修にご協力いただきました協力工場様に感謝状を贈呈しました。

sikiten201905-06
表彰者の皆さん


協力工場を代表して、秋葉ダイカスト工業所 秋葉様へ感謝状をお渡ししました。

式典パーティー

式典の後は、創立109周年を迎えられた感謝と歓び、これからを語るパーティーを開催しました。

sikiten201905-13