「図面の見方・書き方 vol.3 寸法について」寸法は、製品を使用する人にとっても、製作する人にとっても重要な情報

講師:製品設計部 峯村

図面の見方・書き方

寸法は、製品を使用する人にとっても、製作する人にとっても重要な情報になります。ミスや記入漏れ、誤解を招くような表記がないように書くことが大切です。

vol.1 三角法については こちらから
vol.2 図枠と線種について はこちらから

寸法の基準について

図面例

寸法を記入する時に一番大切なことは、どこを基準としてその製品が使われるのか、製作されるのかを決めることにあります。例えば、止め金では角穴の中心が基準になります。ここにハンドルの軸が入り止め金が回転して使用されるため、回転中心である角穴の中心が基準点となります。

そのため、基準からの外形寸法や、基準からの穴ピッチを記載します。また、全ての寸法を記載する必要はありません。使用上、製作上必要となる寸法をよく考えて入れるようにしましょう。

直径(Diameter)/φ(ファイ)
半径(Radius)/R(アール)

正方形(Square)/□(カク)
45°面取り(Chamfer)/C(シー)

板の厚さ(Thickness)/t(ティ)
ねじのサイズ(Metric)/M(エム)

球の直径(Spherical Diameter)
Sφ(エスファイ)
球の半径(Spherical Radius)
SR(エスアール)

参考寸法/( )(カッコ)
円弧の長さ/︵(エンコ)