1910年創業。タキゲンは2020年で物創り110年を迎えました。

マンホール蓋のセキュリティアップ C-1412 サイドバー式ディスクシリンダー錠

社会(くらし)の発展に欠かせない情報BOXや電線共同溝などのインフラ設備。

不法侵入を防ぎ、悪質な犯罪から設備を守るため、
マンホール蓋にシリンダー錠対応型のロック装置が求められました。

セキュリティアップはもちろん、過酷な環境下においても故障せず確実に操作できる錠前の構造が受け入れられ、各地で進められている無電柱化事業にも採用されています。

関連記事

タキゲンが開発する防犯対策製品のご紹介