1973年(昭和48年)の発刊以来『タキゲンニュース』は社業の成長とともに歩んでまいりました。そこで本誌バックナンバーより先代社長・瀧源秀昭の発言を抜粋する連載企画をスタートします。過去のメッセージから多くのヒントを現在に伝える、いわば原点回帰のページ。タキゲン製造の基本精神を学ぶ、未来へのアーカイブです。

不況は愛情で乗り切ろう

我々が現在の商売を始めたのが昭和27、8年頃。一応の形が整ったのが昭和35、6年頃ですから、今日のタキゲンの第二次原点は、昭和35、6年というべきだと思います。

その原点の時代の基本的な考え方は、「和を以て貴しとなす」でありました。「和」が基本的な経営政策だったわけです。今日の不況に対処するには、新製品の開発、組織の合理化など、いろいろやらなければならない重要課題が山積しております。

しかし、物質面以上に「社員の和」が、不況を克服する大きなファクターだと思います。全社が一丸となる「人間の和」が、今こそ大切だと思います。

「人間の和」とは愛情です。昨年、皆さんは常日頃細かい神経を使って、自分の家族と同じくらい部下に愛情を向けていましたか。その辺をやはり振り返らざるを得ないと思います。考えてみなさい。自分の家族は自分が養っているわけです。自分の部下は一生懸命働いて、ある意味養ってくれているのです。

ですから、家族や両親と同じくらいの愛情を自分の部下に向けて、細心の注意を払って人事管理をしていかなければなりません。愛情なしには部下の「和」は望めないわけです。

重ねて申します。管理職の皆さん、部下に対する愛情を基にした家族的経営こそ、現在の不況を克服する大きな原動力であると、私は信じています。

(1978年2月号 経営会議議事録 より)