1973年(昭和48年)の発刊以来『タキゲンニュース』は社業の成長とともに歩んでまいりました。そこで本誌バックナンバーより先代社長・瀧源秀昭の発言を抜粋する連載企画をスタートします。過去のメッセージから多くのヒントを現在に伝える、いわば原点回帰のページ。タキゲン製造の基本精神を学ぶ、未来へのアーカイブです。

実行しながら改善しよう

皆さんはパーフェクトを求めすぎていませんか。だからいつもモタモタして機を失するのです。最初からパーフェクトを求めるのは無理なことです。ただ、数字が社内的に発表されるから、あまりでたらめではみっともないと気にするでしょうが、そんなに大幅に狂うはずはないのです。品物の支店間移動について論議が出ていましたが、全体の量から見れば数パーセントくらいしかないはずです。微々たる問題です。だから、スタートの時点では多少間違いがあっても、実行していきながらパーフェクトに持っていくべきなのです。朝礼で毎日唱和しているタキゲンの行動基準“即断実行”は空念仏ではないんですよ。
パーフェクトを追いすぎてタイミングを失ってはならないということです。とりあえず目的に向かってやってみる。そして実行しながら方法を固めていくことが大切です。

(1979年10月号 経営会議レポートより)