第30回 インターフェックスジャパン に出展しました

開催日:2017年6月28日(水)~30日(金)
展示会場:東京ビッグサイト
小間位置:東4ホール No.E40-18
http://www.interphex.jp/

IMG_3683

沢山のご来場ありがとうございました

展示会の見どころ

歩行輸送振動軽減装置 FD-80-SR

培養中の細胞を搬送する際に起こる様々な振動を軽減し、体温と同じ温度を一定時間保つことが可能となる、電気的な制御を使わない「現場の気持ちをカタチにした」キャリーボックスを紹介。
「ダンパーとコイルスプリングの振動軽減装置」、「歩行時の平行を調整しやすい前後のストラップ」、「要望の温度を一定時間維持するパッケージ(TACPack)」が特徴。また、容器や重量に合わせて特注で開発することが可能。

主な出展製品

告知内容

インターフェックスジャパン出展製品と見所のご案内

 本展示会は、医薬・化粧品・洗剤を製造・研究開発するためのあらゆる機器・システム・技術が一堂に出展する日本最大の専門技術展です。毎年、全国各地より医薬品・化粧品メーカーの方々が多数来場しております。

今回は物流・搬送ゾーンで「現場の気持ちをカタチにする」をテーマに掲げ、お客様の困った事例をタキゲンで解決した製品を出展いたします。

キャリーケース類をメインに展示しますが、ただの箱ではありません。細胞搬送を目的に設計した振動軽減装置、病院内、研究所内で幹細胞、検体を搬送、ボックスごとオートクレーブで滅菌処理できる製品、TMP処理製品、フレキシブルロック・ボンベハンドキャリーなどの医療関連特注品を展示します。

産業用金物のタキゲンですが、部品だけでなくお困りのときはお気軽にご相談ください。業界のニーズを把握したいと考えております。ぜひタキゲンブースにお立ち寄りいただき、貴重なご意見、ご要望をお聞かせください。

(情報営業部 佐藤)

バイク便ボックスロック

運搬時のセキュリティーアップに

CP-819
ハイセキュリティー錠前TVCシリーズを採用。鍵違い数998通り。

ボンベ
キャリー

医療用ボンベの
運搬に

K-1717
ご要望に合わせて製作します。

TMP
シリーズ

指紋が目立たない新しい表面処理

interphex2017-04

TMPタキゲンが提案する新しい表面処理
ステンレス製品を処理することができます。

細胞を培養状態で運搬するには、細胞にストレスを与えないように、振動を軽減することと、体温と同じ温度帯を保つことが必要です。メンテナンスを考慮し、電気的な制御を使わない製品を開発しました。

FD-80-SR 歩行輸送振動軽減装置

歩行、公共交通機関での輸送時に発生する、様々なタイプの振動を軽減します。

院内用キャリーボックス

気密性に優れ(IPX7相当)、オートクレーブに対応したボックスです。
収納するものに合わせて製作致します。

interphex2017-09

interphex2017-10
シリンジタイプ

interphex2017-11
培養フラスコタイプ

緩衝器付キャスター

振動走行や衝撃をきらう精密機器の搬送用に適しています。

事前登録はこちらから