連載(瀧源点回帰)

1973年(昭和48年)の発刊以来『タキゲンニュース』は社業の成長とともに歩んでまいりました。そこで、本誌バックナンバーより先代社長・故 瀧源秀昭の発言を抜粋する連載企画をスタートしました。過去のメッセージから多くのヒントを現在に伝える、いわば原点回帰のページ。タキゲン製造の基本精神を学ぶ、未来へのアーカイブです。

外国では「オールジャパン」で

海外進出において、同業他社は商売敵と考えてしまいますが、先代社長は争いを避けて一緒にやっていくよう語っていました。現地市場へ日本製品を浸透させ、自社の...

外国での儲けを日本に持ってこようと考えない

正月の経営方針発表会で、アメリカの商法は、例えば水着は北部で作り、防寒具は南部で作る。これがアメリカの発注システムの基本だと話しました。「現地では売れ...

重要なことは、いつも目に触れるところに掲げる

組織の強みは、多くの人々が一つの目標に向け力を合せることで、個人では成しえない大きな成果を生み出せる点にあります。しかし、目標が共有されていないと努力...

みんながやっていないことをやろう

企業は日々成長し、時代に合せて変革していかなければ、存続し続けることは困難です。折しも歴史的な株価大暴落、ブラックマンデーを迎える約半年前。迫る大不況...

将来の目標とは

マネジメントで有名なピーター・ドラッカーは、「目標には、はじめからチームとしての成果を組込んでおかなければならない」と述べています。今回は、先代社長が...

同じ屋根の下で、数々の良い面が見えてくる

タキゲンでは、「寮制度」を社員教育の一つとして利用しています。支店長と部下が同じ屋根の下で共同生活をしますが、良いも悪いも全てをさらけ出すことになりま...

初考は正論

プロジェクトのスタート時は、戦略や想定される問題を検討してから行動しますが、時が経つと目的を忘れ、行き当たりばったりの判断をしがちです。毎月開催されて...

結果より過程を重視

タキゲンの人事評価制度は、「努力」で評価します。各々が積み上げた努力や行動が報われるシステムにより、すべての社員にチャンスを与える社風を築いています。...