連載(瀧源点回帰)

1973年(昭和48年)の発刊以来、『タキゲンニュース』は社業の成長とともに歩んでまいりました。そこで、本誌バックナンバーより故 瀧源秀昭社長の発言を抜粋する連載企画をスタートしました。過去のメッセージから多くのヒントを現在に伝える、いわば原点回帰のページ。タキゲン製造の基本精神を継承する、未来へのアーカイブです。

会社は人間の集団

家族も会社も国も、すべて一人ひとりの人間同士が繋がって形成されたもの。縁を大切にして繋がりを深め、質を高めることで会社の発展にも繋がっていきます。 タ...

誰もやらないなら、自分が!

お客様のご要望を具現化するための「ないモノは創ればいい」というタキゲンの発想は、製品のみならず、新たな市場をも創り出すという考え方です。 多品種少量生...

支店長の職務は、人を育てること。

  部下を育て、その成長を至上の喜びと思えることが、本来の支店長のあるべき姿です。人材が育てば、自然と優れた製品開発や業績の伸びに繋がっていくのです。...

心の通う住込み制度を再び

タキゲンでは、近年では少なくなっている社員寮制度が続いています。衣・食・住を共にすることで人間同士の強固な輪が築き上げられ、より大きな会社の原動力を生...

君たちがリーダー

日本の人口は、現在、1億2,000万人。この1億の1割が、人の上に立つ人…。つまり、リーダーは1割なんです。人はつい「よそではこうだから」「みんながこ...

理屈で分かろうとしない。実際にやってみれば分かる。

今も昔も変わらず、新しいことに挑戦するには、とにかく恐れず「やってみる」ことが大切。職場にコンピュータが導入され始めた当時のメッセージです。 若い社員...

市場を制覇する唯一の方法

商品が売れないので、各社はとにかく値段の叩き合いをしているわけです。「どんなものでもタキゲンより1割安くします」という戦法です。そういう時代にあって、...

不況の最中には、将来志向の新製品を創っておく

企業は絶え間ない成長を求められることから、前年以上の利益目標を立て、無理やり遂行しようとしがちです。先代社長は、市況を見極め不況時は無理に売上を求めず...