専用の鍵で誰でも簡単に 鍵番号が変更できる“可変錠”開発者インタビュー

インタビューイ:タキゲン製造株式会社 技術開発部 開発4課 佐々木・植木
P10_11_可変錠_ol

専用の鍵で誰でも簡単に 鍵番号が変更できます

簡単に、すぐ交換できるので 多くの自販機に導入

ー今回新しく可変錠が二種類発売されますが、そもそも可変錠とはどういった製品なのでしょうか?

植木 設置した後から鍵番号を変更できる錠前です。タキゲンは産業用の錠前として開発しているため自動販売機に多く導入されています。

ーそのメリットはどういった所にあるのですか?

 佐々木 鍵を紛失した時にシリンダーから交換すると、交換費用と時間が必要になってきますが、可変錠にしておけば、専用の鍵で回すだけで誰でも簡単に鍵番号が変更できるところにあります。自動販売機の業界では、飲料を詰めるオペレーターさんが複数の自動販売機を回ります。同一の鍵番号で管理している場合、一本紛失するだけで盗難のリスクや、錠前を交換するコストと時間が膨大なものになってきます。そのため、工具レスで簡単にすぐ可変できる可変錠が積極的に採用されています。

植木 価格を見ると、可変できない錠前のほうが安いのは確かです。可変錠を導入すると初期投資がかかりますが、キーを絶対に紛失しない自信がない限り、運用面を考えると、可変錠のほうがコストメリットがあります。また、錠前が交換されるまでの時間を不安な気持ちで過ごすよりも、自分で変えられると安心感もあります。

二種類の可変錠が新登場

ーそれでは二種類の可変錠の違いを教えて下さい。

植木 私が開発したC-466-CGはキープレートに複製対策を施しています。複製困難な鍵の要望から開発に至りました。この鍵は先端に動くピンを内蔵することにより、かなり専門的な機械がないと複製できないようになっています。

佐々木 C-299-E5は可変数が多いことが特徴で120通りに、また特注で最大250通りにも設定できます。ちなみにC-466-CGは70通り。最近の自動販売機はリユースすることも増えてきています。大きな会社になると何千台も自動販売機を保有していて、リユースのタイミングで地域を変更することがあります。地域毎に鍵番号を設定して運用しているため、メンテナンス時の錠前交換の手間もなくなり、錠前の在庫管理も必要なくなります。またC-299-E5は可変数が多いため、地域ごとに可変番号を複数割当てて運用することが可能になっています。

ニーズにあわせて 最適な錠前を提案します

ー注文する時はどのような情報が必要になってくるのですか?

植木 本体の数量、可変数、オペレーションキーとチェンジキーの本数ですね。タキゲンでは可変錠が四種類あるため、ご相談に応じて最適な錠前を提案いたします。また、錠前本体の数と同じだけ鍵が必要なわけではないため、オペレーターさんの人数にあわせて発注されることが多いです。無駄な鍵をもたないことで、管理も楽になります。

ー鍵は後からでも追加注文できるのでしょうか?

植木 はい、錠前の購入実績から鍵番号が分かれば後からでも製作することができます。

ー自動販売機以外ではどのようなところで使われるのでしょうか?

植木 駐車場の精算機ですね。最近では駅等に設置されているコインロッカーでも需要があります。

ー使用上の注意点などはありますか?

佐々木 もともと錠前単体で扉の締付けを保持するように設計されていないため、止め金に力がかからないようにハンドルとラッチと併用して使ってください。便利部品として、ラッチや取手も製品化されています。ご要望があればポップハンドルにかわるようなハンドルも開発できます。ご相談ください。

■可変錠シリーズの主な特徴

お客様の仕様条件により 最適な可変錠を提案します

C-299-E5 C-466-CG C-466 C-299
可変数 120
特注で250
70 21 4
エンドレス ×
複製対策
破壊対策
特注対応可能

※エンドレスとは可変回数に制限がないことを示します

可変方法はYou Tubeにて動画でも掲載しています。