1973年(昭和48年)の発刊以来『タキゲンニュース』は社業の成長とともに歩んでまいりました。そこで、本誌バックナンバーより先代社長・故 瀧源秀昭の発言を抜粋する連載企画をスタートしました。過去のメッセージから多くのヒントを現在に伝える、いわば原点回帰のページ。タキゲン製造の基本精神を学ぶ、未来へのアーカイブです。

「今までの概念を捨て、本当の意味での多品種少量生産を研究すべし」

多品種少量生産という言葉は、頻繁に使うしみんな知っている。しかし実際はみんな数量にとらわれて量が多くないと…なんです。

しかし、身近に多品種少量生産を実施している企業があるということです。我々と同じ中小企業ですが、すごく余裕のある会社です。

私がやろうとしているのは値段の叩き合いから脱皮して、わずかでも作れる企業体にならなければと思っているわけです。

(中略)

タキゲンにそういう時代がもう来ていることを今日は頭に入れておいていただきたい―。

だから今日までやってきた概念をここで一回捨てて、本当の意味での多品種少量生産はどういうやり方をしたら良いのか研究していただきたいんです。

私も一生懸命研究します。

そういう意味で、私どものやっていることに疑問を感じたら、知っていることはみんな話しますから聞きに来てください。

(2006年1月7日 新年経営方針発表会にて)