1973年(昭和48年)の発刊以来『タキゲンニュース』は社業の成長とともに歩んでまいりました。そこで本誌バックナンバーより先代社長・瀧源秀昭の発言を抜粋する連載企画をスタートします。過去のメッセージから多くのヒントを現在に伝える、いわば原点回帰のページ。タキゲン製造の基本精神を学ぶ、未来へのアーカイブです。

「みんなが始めた時にはもう遅い、みんながやらないことをやる。」

人がやりたがらないことをやるのが商売だと私は考えております。みんなが始めた時にはもう遅い、そんな考え方で今年はやっていきます。

要するに「儲からない」と人が思っていることをやればいいと思うんです。

たとえば、タキゲンは50年前、配分電盤、いわゆる盤屋さんの扉のハンドルや蝶番を作っていました。ほとんどが真鍮鋳物で手作りの時代でした。それを亜鉛合金のダイカストで鋳造したり、よそ様と違う方法でやり始めました。それが今のタキゲンになっていったわけなんです。

このようなことを私がやろうとすると、必ず周りから反対されました。今やっている真鍮鋳物のままでいいじゃないかと…。

そうじゃない。今のままでは儲からない。みんながやらないことをやらないと…。

というのが私の考え方です。

(2006年1月7日 新年経営方針発表会にて)